優れた知識と技術を持った国家資格取得者として

作業療法士とは

作業療法士(Occupational Therapist / OT)とは、厚生労働大臣から免許を受け、全国の病院などリハビリテーションを行う施設で「作業療法」を行う国家資格です。
心身に障害を持った方が自分らしく生活していけるよう、豊富な手段で補助していく専門家として国の免許を受けた作業療法士は、これから全国の病院・介護施設・養護施設など、様々なフィールドに活躍の場が広がっていきます。

理学療法士及び作業療法士法

・「作業療法」とは、身体又は精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を行なわせることをいう。
・「作業療法士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、作業療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、作業療法を行なうことを業とする者をいう。
・作業療法士になろうとする者は、作業療法士国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければならない。

と定められており、一般的には国が指定した大学・専門学校などで必要な授業を全て修了した上で、作業療法士国家試験に合格することで取得できます。
現在はまだ知名度も高くなく、作業療法士の数も多くはありません。しかし医療・福祉の在り方が大きく変化している最近では、作業療法の重要性が大きくなってきており、これからも作業療法士の活躍の場は拡大していくと思われます。
生涯、医療の現場で活躍できる国家資格として、就職に非常に有利である点も魅力です。

作業療法士の仕事

身体・精神の障害により日々の生活に支障が生じてしまった方が、快適に自分らしく生きていけるようお手伝いをするのが、作業療法士の仕事です。身体障害、精神障害、小児の発達障害、高齢に伴う障害など様々な分野で、作業療法士が活躍しています。

代表的な「作業」
・手工芸
折り紙、木工、革細工、陶芸、刺繍、編み物、ビーズ細工など
・芸術
音楽、絵画、塗り絵、書道、詩、俳句、写真など
・遊び
トランプ、将棋、囲碁、オセロ、パズル、麻雀、オリジナルゲームなど
・スポーツ
散歩、体操、ソフトボール、サッカー、ゴルフ、卓球、ダンスなど
・生活
会話、食事、料理、お菓子作り、掃除、読書など
作業療法の効果
・少ないストレスで、複合的なリハビリテーションを行うことができます。
作業療法は、単純に訓練だけを繰り返すリハビリテーションではありません。多種多様な「作業」に熱中している内に、本人も気づかない間に、「作業」の為に動かしている部分全てに、疾患の治療にプラスとなる効果が現れてきます。
飽きずに楽しみながら、日常生活に密接したリハビリテーションを実施することが可能となります。
・人生全体を豊かにするリハビリテーションを行うことができます。
作業を通じて仲間ができたり、新しいことへの挑戦を通して日々の生活が楽しくなったりといった、身体能力以外の部分でのメリットが大きいのも作業療法の魅力です。
生きる気力を湧き起こし、人生全体を豊かにするお手伝いができます。

作業療法士の国家試験

第46回作業療法士国家試験の施行

試験期日

(1)筆記試験
平成23年2月27日(日曜日)
(2)口述試験及び実技試験
平成23年2月28日(月曜日)

試験地

(1)筆記試験
北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県及び沖縄県
(2)口述試験及び実技試験
東京都

試験科目及び試験方法

(1)筆記試験
一般問題及び実地問題に区分して次の科目について行う。ただし、点字試験受験者に対しては、実地問題については行わない。また、視覚障害者に対しては、弱視用試験又は点字試験による受験を認め、点字試験受験者に対しては、試験問題の読み上げの併用による受験を認める。
ア 一般問題
解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む。)、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法
イ 実地問題
点字試験受験者に対して、実地問題に代えて次の科目について行う。運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法

(2)口述試験及び実技試験
点字試験受験者に対して、実地問題に代えて次の科目について行う。運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法

受験資格

(1)学校教育法(昭和22年法律第26号)第90条第1項の規定により大学に入学することができる者(法第12条第1号の規定により文部科学大臣の指定した学校が大学である場合において、当該大学が学校教育法第90条第2項の規定により当該大学に入学させた者又は法附則第6項の規定により学校教育法第90条第1項の規定により大学に入学することができる者とみなされる者を含む。)で、文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した作業療法士養成施設において、3年以上、作業療法士として必要な知識及び技能を修得したもの(平成23年3月23日(水曜日)までに修業し、又は卒業する見込みの者を含む。)

(2)外国の作業療法に関する学校若しくは養成施設を卒業し、又は外国で作業療法士の免許に相当する免許を得た者で、厚生労働大臣が(1)に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認定したもの

(3)法の施行の際(昭和40年8月28日)現に文部大臣又は厚生大臣が指定した学校又は施設において、作業療法士となるのに必要な知識及び技能を修業中の者であって、法施行後に当該学校又は施設を卒業したもの

合格者の発表

試験の合格者は、平成23年3月31日(木曜日)午後2時に厚生労働省及び地方厚生局又は地方厚生支局にその受験地、受験番号を掲示して発表する。
<作業療法士国家試験の難易度、倍率>
平成21年度 受験者数6,469名 合格者数5,317名 合格率82.2%(倍率1.22倍)

作業療法士の学校の学費

400万円 ~ 650万円

特集記事

  • 東京・埼玉で作業療法士を目指す

    池袋・板橋は東京・埼玉各地から好アクセス

    手工芸や遊び、スポーツ、芸術活動などを通してリハビリを行い、「人生全体を豊かにする」お手伝いをするのが作業療法士です。

    >>詳しくはこちら

  • 働きながら国家資格が取得できる

    池袋・板橋は東京・埼玉各地から好アクセス

    夜間部で働きながら国家資格を取得し、社会人経験を活かした活躍を

    >>詳しくはこちら

  • 安心の総学費400万 月払いも可能

    池袋・板橋は東京・埼玉各地から好アクセス

    今、学費が全額用意できなくても大丈夫!やる気があればすぐにでも始められます。

    >>詳しくはこちら